森のない渓流は、ただの水の流れにすぎない 森のない渓流は、ただの水の流れにすぎない ナチュラリスト講座 奥入瀬フィールドミュージアム講座

森にいだかれた渓流

奥入瀬には、流れのほとりから谷の斜面にいたるまで、たくさんの樹木が生育しています。 
水源である十和田湖から、渓流が「奥入瀬川」と名を変える蔦川との合流点までの全区間(14キロ)が、 
すっぽりと森につつまれています。 
奥入瀬は、まさに森にいだかれた渓流といえるでしょう。 
渓流沿いに発達した森林は、渓谷林(けいこくりん)または渓畔林(けいはんりん)などと呼ばれます。 
上流域の森を渓谷林、中流域を渓畔林、下流域を河畔林と呼び分けることもあります。 
奥入瀬渓流とは、奥入瀬川の上流域区間を指す名称なので、全域を渓谷林と称してもよいのですが、 
場所ごとに観ていくと、河畔林と称したくなる箇所もあります。 
いずれにせよ全国屈指の規模を誇り、しかも巨木の多いことで知られます。

奥入瀬の樹木

奥入瀬の渓谷林を構成している樹木は、ざっと100種類ほどでしょうか。 
なかでも奥入瀬の樹木「御三家」と称したくなる、代表的な樹種があります。 
トチノキ・カツラ・サワグルミの3種です。 
ここにイタヤカエデ・ハウチワカエデ・ヤマモミジなど、秋の紅黄葉で知られる樹種が混じってきます。 
川幅の広くなる渓流の下流側は、ハンノキやヤナギなどが目立ち、渓谷林というよりは河畔林の様相です。 
川岸よりも一段高くなった、比較的土地の安定したフラットな場所(河成段丘といいます)や、 
谷の上部などにはブナがまとまって居並んでいます。

ここにイタヤカエデ・ハウチワカエデ・ヤマモミジなど、秋の紅黄葉で知られる樹種が混じってきます。

川幅の広くなる渓流の下流側は、ハンノキやヤナギなどが目立ち、渓谷林というよりは河畔林の様相です。

川岸よりも一段高くなった、比較的土地の安定したフラットな場所(河成段丘といいます)や、 
谷の上部などにはブナがまとまって居並んでいます。

森の存在しない渓流は、ただの水の流れにすぎない

奥入瀬渓流の美しさは、広く全国に知られています。 
このたぐいまれな景観美をかたちづくっているのは、単に「きれいな水の流れ」だけではありません。 
奔放に流れゆく清流をいだいた、原生的な森あってこその美しさです。

森の存在しない渓流は、ただの水の流れであるにすぎません。 
もちろん、それはそれでまたちがった魅力はあるでしょう。されど、どこか無機質な感じがします。 
生命感に富む、という点において、森のある流れと、それを欠く流れとでは、印象がまったくちがってきます。 
森と渓流が渾然一体となった、調和の美。 
私たちが奥入瀬に感じる美とは、そこにあるのではないでしょうか。

奥入瀬の渓谷林から見える美

奥入瀬散策の際には、清澄な流れだけでなく、ほとりの樹や草やコケの存在にもぜひ目を配ってみてください。 
同じような樹が、ただ居並んでいるだけのようでいて、その実、いろいろな樹のあることがわかります。 
同じ渓流沿いでも、その場所、その場所によって、主となる樹にちがいのあることも、やがて見えてくるでしょう。 
すると森の印象そのものが変わってきます。 
奥入瀬の個性的な「表情」が、よりあざやかに見えてくるでしょう。

ナチュラリスト講座

奥入瀬の自然の「しくみ」と「なりたち」を,さまざまなエピソードで解説する『ナチュラリスト講座』

記事一覧

エコツーリズム講座

奥入瀬を「天然の野外博物館」と見る,新しい観光スタイルについて考える『エコツーリズム講座』

記事一覧

リスクメネジメント講座

奥入瀬散策において想定される,さまざまな危険についての対処法を学ぶ『リスクメネジメント講座』

記事一覧

New Columns過去のコラム