奥入瀬散策にあたっての注意事項

○ 散策時の注意事項

*奥入瀬の歩き方

 

  • 遊歩道は下流側から上流側に向かって歩くのがおすすめです。流れてくる川を常に見ながら歩けること、また、基本的に逆光となるため、陽に透けた美しい森を楽しめることがその理由です。遊歩道では勾配差をほとんど感じることがないため、体力的な負担は上りも下りもあまり差がありません。

 

*散策時の注意事項

 

  • 奥入瀬渓流では、自然物(落葉や落枝も含む)の採取は一切禁じられています
  • 植生保護のため、遊歩道からあまり外れないようにしましょう
  • 遊歩道はところどころ車道に出るので、十分注意してください
  •  近年ツキノワグマの出現の報告が多数あります(事故例はなし)
  • 12月下旬から4月中旬(大雪年はGWくらいまで)は、雪のため遊歩道は利用できません
    • 自己責任で、スノーシューなどでの散策はできます
    • 国道は除雪されるため通行可能です
  • 関係機関による安全調査や定期パトロールなど、リスクを事前に把握するための取組は行われていますが、落枝や落石、倒木、土砂の崩落など、奥入瀬渓流を散策の際は、自然の中で起こるべき危険を留意していただきますようお願いします 
  • 奥入瀬渓流内の公衆トイレは始点(焼山)と終点(子ノ口)のほか 3 箇所です(黄瀬・石ヶ戸休憩所・玉簾の滝下流)
  • 渓流内での飲食物の販売は、石ヶ戸休憩所のみとなります。自動販売機は焼山・石ケ戸・子ノ口のみです(ただし子ノ口は冬季撤収されます)
  • 場所により携帯電話は繋がりにくくなりますのでご注意ください  
 
 

*散策時の服装

 

  • 多少汚れても気にならない、動きやすい服装でお越しください
  • 虫や棘がある植物などから肌を守るため、長袖(またはアームカバー)・長ズボンをおすすめします
  • 天候が変わりやすいので、折り畳み傘、レインウェア等の雨具をご用意ください
  • スニーカーなどの歩きやすい靴で問題ありませんが、雨が降るとぬかるむ箇所も多いので、防水のトレッキングシューズがおすすめです(長距離を歩かない場合は長靴でもOK)
  • ハチに襲われる危険性がありますので、香水や黒い洋服はお避け下さい
  • 落枝やハチから頭を守るため、帽子をかぶることをおすすめします

 

春〜初夏(4〜6月)
 

 

過ごしやすい気候だが、ウィンドブレーカーや薄手のフリースなど羽織るものがあると安心

夏(7〜8月)
 

 

蒸し暑い日も多いが、ハチやマダニなどの危険性もあるので、できるだけ素肌は出さない

秋(9〜11月)
 

 

天候によりかなり気温が下がるので、厚手のフリースやダウンなどの防寒対策が必要 

冬(12〜3月)
 

 

帽子・手袋・スノーウェア・スノーブーツ(もしくは厚手の長靴)など、しっかりした防寒対策が必要