タニゴケ

 
黄緑色~黄褐色でやや光沢あり。水流に濡れた岩壁に群生。渓流内の岩の上にモコモコした苔玉をつくっている

 
 
オオバチョウチンゴケ

 
川岸や滝のまわりなどに群生し、水中でも生育する。ルーペで見るとほとんど「木の葉」のイメージがある

 
ホソホウオウゴケ

 
「細い鳳凰苔」という意味で、急流や水の落ちる崖など濡れたところに生育する。「玉簾の滝」に群落がある

 
 
アオハイゴケ

 
水流の中の岩や倒木、また飛沫のかかる川岸の岩や、水の流れる石垣や岩壁など水辺を好んで生育する

 
 
エビゴケ

 
エビの触覚に似た、ひげ状に伸びる葉が特徴。直射日光の当たらない岩壁の垂直面などに下向きに着生する

 
 
ネズミノオゴケ

 
名の通り「鼠の尾」に似ていることから。車道沿いの石垣や樹木の根元に大きな群落をつくっている

 
 
オオトラノオゴケ

 
「大きな虎の尾」の名の通り、勇壮な印象のある大型の蘚類。茎が立ち上がり大きく樹状に枝分かれする

 
 
ホウオウゴケ

 
やや硬い大きな葉の様子が貴族的で、伝説の鳥・鳳凰(ほうおう)の羽をイメージさせるところからの命名

 
 
トヤマシノブゴケ

 
シダ類のシノブのような繊細な美しさがある。乾いてやせ細った姿は、湿潤時の豊潤な印象とかなり違う

 
 
ホンシノブゴケ

 
腐倒木や岩の上などに群落をつくっている。枝の付き方が立体的なので、もこもこした感じがする
 
 

コツボゴケ

 
濡れると透明感が増し美しい。雄株は花に似た姿で人気。春に雌株から伸びる蒴(さく)が提灯のように膨らむ

 
 
アオモリサナダゴケ

 
青森で最初に記録された、葉の付き方が「真田織」の紐に似た扁平なコケ。独特の光沢のあるマットを作る

 
 
ヒラハイゴケ

 
アオモリサナダゴケに似るが岩上や岩壁などのやや高い所に現れる。葉先が下方を向き、ゆるく鎌状に曲がる
 

 
 
ホソバギボウシゴケ

 
乾きがちな岩の上や道路のコンクリート壁面などに群生する。紅い胞子体が擬宝珠に似ることから
 

 
 
オオギボウシゴケモドキ

 
奥入瀬ではおなじみ。樹幹にマット状の大きな群落をつくる。乾燥時は見た目・手触り共にゴワゴワした印象
 

 
 
エゾイトゴケ

 
オオギボウシゴケモドキと並ぶ、奥入瀬の樹幹着生タイプの代表蘚類。特に幹の下方に大きな群落をつくる
 

 
 
エゾヒラゴケ

 
樹幹着生型蘚類の1種。幹の少し上方によく生えており、葉や茎の反り返った感じが特徴的でよく目だつ

 
 
ヤマトヒラゴケ

 
主に樹幹の低いところに生える。光沢があり、つるつるした乾いた感触。ナガエタチヒラゴケの変種ともされる

 
タカネカモジゴケ

 
カモジとは付け毛のこと。触ると葉先が折れて指先に着く。これが無性芽の役割を果たす。樹幹や岩上に群生

 
 
カラフトキンモウゴケ

 
蒴(さく)の帽に金毛が生えるのが特徴。似ているコダマゴケの葉は乾いても縮れないがこちらは巻縮する
 
 

コダマゴケ

 
タチヒダゴケとも呼ばれる。木の枝に着生する。 蒴(さく)は縦ひだの入った釣鐘状の帽子でかわいらしい

 
 
エゾハイゴケ

 
渓流沿いの湿った岩や倒木の上などに大きな群落をつくっている。光沢のあるハイゴケ(這う苔の意)類

 
 
フジハイゴケ

 
主に倒木上にふかふかした厚い群落を作っている。ハイゴケの仲間ではかなり大型の種で、吸水・保水力も強い

 
 
クサゴケ

 
倒木や橋の欄干、案内標識の上などに艶のあるマットをつくり、赤褐色の長い柄を持つ胞子体が大変よく目立つ
 
 

ミヤマリュウビゴケ

 
岩や倒木などに大きな群落をつくる。赤褐色の太い茎に葉が瓦状に付いた様子を「龍の尾」になぞらえたもの

 
 
コフサゴケ
 

柔らかい質感の赤みを帯びた茎と反り返る鋭い葉先が特徴。倒木や岩上に見られる。葉は乾いても開いたまま
 

 
エゾチョウチンゴケ

 
茎の天辺(先端)にアンテナを立てるようにしてたくさんの細長い無性芽を出すのが特徴で他に類がない

 
 
エダウロコゴケモドキ

 
倒木や立ち枯れた樹幹などをみっしりと覆う糸屑状の蘚類。ルーペで拡大して見ると印象が変わって面白い
 
 

タマゴケ

 
半球状のこんもりとした群落をつくる。早春に青りんごのような胞子体を出す。成熟すると目玉の親父風に

 
 
オオシッポゴケ
 

細長く伸びた葉の束が尾のような感じになるので「尻尾苔」と呼ばれる。茎には褐色の仮根がついている
 

 
ミヤマシッポゴケ

 
全形はシッポゴケ属に似るが、葉形がより細長い感じがする。乾いても姿はほとんど変わらない。岩上にまれ

 
 
イクビゴケ

 
地上に生育する。葉の間に埋もれるようにつく柄の短い蒴をイノシシの首に見立て「猪首苔」と名付けられた
 
 

セイタカスギゴケ

 
乾燥すると強く巻縮する大型スギゴケ類。円柱状の蒴(さく)は白毛が密生し、帽子を被っているように見える

 
 
コセイタカスギゴケ
 

直立するセイタカスギゴケに対して、こちらは「寝そべった」ように斜め下方に向けて伸びる特徴がある
 

 
ナミガタタチゴケ

 
ルーペで葉をよく見ると波形のゆるいウェーブ(波型の筋)がよくわかり、ルーペ観察の初心者に人気あり

 
 
フロウソウ

 
剛強な感じの主茎が直立し、ミニチュアのヤシの木のよう。「不老草」と書き、コケというよりは草のイメージ
 
 

ジャゴケ

 
蛇の鱗に似た模様が特徴で、擦ると独特な香りを放つ。春にモヤシのような柄を高く伸ばして胞子を飛ばす

 
 
マルバハネゴケ
 

葉が茎に羽のように規則的に付く、奥入瀬における茎葉体苔類の代表種。葉縁に小さく細かな鋸歯がある
 

 
シャクシゴケ

 
薄い葉状で二叉状に分岐するウスバゼニゴケの仲間。共生する藍藻類ノストックが小さな黒点となって見える

 
 
オオクラマゴケモドキ

 
奥入瀬を代表する茎葉体苔類のひとつ。岩や樹幹の下方に着生し、群落を作っていることが多い