ミソサザイ

 
留鳥。日本で一番小さな鳥のひとつだが、渓流の水音に負けない大きな声で長く囀るので、目にする機会も多い

 
 
カワガラス

 
留鳥。潜水が得意で川底の水生昆虫を捕食。「ビッ」と鳴きながら、流れに沿って低空飛行する姿によく出逢う

 
 
コガラ

 
留鳥。初夏の頃、のどかな囀りを響かせる。小さな樹洞に巣を作り、巣材にカモシカの獣毛などを集める

 
 
ゴジュウカラ

 
留鳥。奥入瀬全域にわたって最もよく見られる鳥のひとつ。さまざまなパターンの声で鳴く

 
 
コゲラ

 
留鳥。小さなかわいいキツツキ類。ギーギーという濁った声で鳴き、時にキッキッキッという大きな声を出す

 
 
アオゲラ

 
留鳥。ピョーピョーというキツツキらしからぬよく響く声で鳴く。奥入瀬に生息するキツツキ類では最も大型

 
 
クマタカ

 
留鳥。森林性の大型猛禽類。奥入瀬には数つがいが繁殖。テンやノウサギなどの小動物やヘビを捕食する

 
 
オオルリ

 
夏鳥。渓流沿いの高木の梢で、朗々と美声を響き渡らせる。ミソサザイ、カワガラス同様にコケで巣をつくる

 
 
キビタキ

 
夏鳥。英名はナルシッサス・フライキャッチャー。美しい姿と声を自慢げに目の前で披露してくれる機会も多い

 
 
カケス

 
夏鳥。カラスの仲間で「ジェーッ」と鳴く。様々な鳥獣類の声を真似る。羽の青・黒・白の縞模様が美しい

 
 
アカショウビン

 
夏鳥。「キョロロロ…」という哀愁漂う声で鳴く。生木の樹洞などを巣として利用。出逢える機会は少ない

 
 
シノリガモ

 
夏鳥。下流域中心に、岩上で休む姿が見られる。冬には岩礁の多い海岸に移動。英名はハーレクイン・ダック

 
 
オオハクチョウ

 
冬鳥。子ノ口の流れ出しから水門までの緩流域で、冬に小さな群れで採食している姿がよく見らえる

 
 
マヒワ

 
冬鳥。少数が八甲田の針葉樹林で繁殖。奥入瀬では晩秋~早春に目にする機会が多い