奥入瀬ネイチャーカレンダー

※ 色分けについて → 花の見頃 =草本 =木本

 

 上旬   キクザキイチゲ
 ヤマネコヤナギ
 タマゴケ胞子体が見頃 
 中旬   オトメエンゴサク
 アラゲヒョウタンボク・カツラ
 雪どけにより渓流や滝の水量が増す
 下旬   キブシ・ハウチワカエデ
 キビタキ、オオルリら夏鳥のさえずり
 遊歩道の雪溶け、下流域から芽吹きが進む 

 

 

 上旬   ニリンソウ・エンレイソウ
 オオカメノキ・オオバクロモジ
 ジャゴケ胞子体が見頃 
 中旬   オオタチツボスミレ・マムシグサ
 ムラサキヤシオツツジ
 新緑の見頃を迎える
 下旬   スダヤクシュ・クルマバソウ
 ヤマツツジ・ミズキ・アオダモ

 エゾハルゼミがさかんに鳴く 

 

 

 上旬   オオバミゾホオズキ・ミヤマカラマツ
 トチノキ・タニウツギ・フジ
 アカショウビンがさかんに鳴く
 中旬   ギンリョウソウ・ヤグルマソウ
 苔むした橋の欄干にヒナノヒガサが発生
 モリアオガエル産卵
 下旬   タツナミソウ・サイハイラン
 熟したコツボゴケ胞子体が見頃
 新緑から深緑へ

 

 
 上旬   オニシモツケ・アマニュウ
 オニノヤガラ

 エゾアジサイ・ツルアジサイ 
 中旬   ダイコンソウ・ヤマブキショウマ
 バイカモ
(馬門岩)
 十和田湖のヒメマス釣り解禁
 下旬   オオウバユリ・トリアシショウマ
 ノリウツギ

 一部シダのソーラスが熟し始める
 
 
 
 上旬   ソバナ・ヤブハギ・クルマユリ
 キツリフネ・ツリフネソウ

 アブラゼミ・ミンミンゼミが鳴く 
 中旬   ヤマジノホトトギス
 ミズヒキ・ノブキ・タマブキ

 少しずつ涼しくなり、秋めいてくる
 下旬   アケボノシュスラン・オクトリカブト
 ドロノキ柳絮(りゅうじょ)が飛散
 森のあちこちにキノコが発生
 
 
 
 上旬   サラシナショウマ・キンミズヒキミ
 オオアキノキリンソウ

 一部のコケの胞子体がふくらみ始める  
 中旬   アキノギンリョウソウ
 オオカメノキの紅い実
 トチノキの実が落ち始める
 下旬   マムシグサの紅い実
 ツリバナの紅い実
 ヤマブドウ・サルナシの実が熟す 
 
 

 

 上旬   ダイモンジソウ
 八甲田山の紅葉がさかり
 ヤマメの産卵が始める
 中旬   十和田湖の紅葉がさかり
 カツラの芳香が森に満ちる
 イワナの産卵が始まる
 下旬   奥入瀬の紅葉がさかり
 一部のコケの胞子体(胞子)が熟す
 タヌキノチャブクロの胞子が熟す

 

 

 上旬   コマユミ、ツルウメモドキの紅い実
 ムラサキシキブの紫の実
 晩秋の森にモミジ類が映える
 中旬   なごりの紅葉に初雪が降る
 十和田湖に水鳥が飛来する
 水門による制御で渓流の水量が減る
 下旬   樹上のオシャグジデンダの緑が映える
 落葉した森にヤドリギが目立つ
 林床にヒメアオキなどの緑が目立つ

 

 

 上旬   馬門岩で繊細なツララが見られる
 カラ類やキツツキ類の鳥の混群が
 観察しやすくなる 
 中旬   ツグミやマヒワ、レンジャク類など
 森の冬鳥の姿が目立つ
 氷柱、氷瀑が少しずつ成長
 下旬   十和田湖でオオハクチョウが増える
 冬毛のノウサギ、テンが見られる
 降雪が増え、冬らしい雪景色へ

 

 

 上旬   雪上にカモシカやテンなど、動物の足跡 
 中旬   カワガラスのさえずりが盛んになる
 
 下旬 

 十和田湖畔でしぶき氷が見られる

 

 

 上旬   氷瀑・氷柱の青みが増す
 中旬   クマタカの求愛行動が始まる
 
 下旬 

 木々の冬芽がふくらみ始める

 

 

 上旬   ヤマセによる大雪が降ることがある
 中旬   雪上でカワゲラ類や ユスリカなどが
 活発に活動
 下旬   フキノトウ
 マルバマンサク

 ミソサザイやゴジュウカラのさえずり