奥入瀬渓流の紹介

○ 3冠王(特別保護区+天然記念物+特別名勝)

日本の背骨・奥羽山脈の、ほぼ北端近くに位置する山上の湖、十和田湖。そこから流れ出す唯一の川が奥入瀬川です。太平洋まで至る全長約70キロのうち、 流出口である子ノ口(標高400メートル)から、 八甲田山より流下する蔦川との合流点・焼山(標高200メートル)までの約14キロ区間が「奥入瀬渓流」と呼ばれています。十和田湖と共に、十和田八幡平国立公園の特別保護地区、国指定天然記念物(天然保護区域)および特別名勝に指定され、国道と遊歩道が渓流と併走する箱庭的な自然でありながら、老齢樹の豊かな天然林が保全されています。

※奥入瀬渓流では、動植物の捕獲・採取が一切禁じられています
出典「奥入瀬自然誌博物館」P21より
<クリックで拡大>

○ 日本の貴重なコケの森

2013年、奥入瀬渓流は日本蘚苔類学会によって19番目の「日本の貴重なコケの森」に選定されました。 落葉広葉樹を主とした森林内に「天然の苔庭」ともいうべき景観が広がり、 どこに目を向けても豊かな蘚苔類(コケ植物)の着生が見られるのも、奥入瀬の特色のひとつ。 現在までの調査で300種類以上の生息が明らかになっています。あまたの滝や沢水から供給される水流や、 太平洋から流入する海霧(ヤマセ)の滞留等によって渓谷内の空中湿度が高く、 蘚苔類のみならず、シダや地衣類、菌類、変形菌など隠花植物の宝庫ともなっており、 まさに「隠花帝国」の様相を呈しています。

水量の安定により、渓流内の岩にコケが定着する 林床には苔むした岩や倒木が点在 見事にコケで覆われた欄干と岩壁 奥入瀬名物の「苔橋」 人工物もコケにより趣のある深い印象に かつて存在した通称コケテーブル(2016年撤去)

○ 奥入瀬渓流の魅力と価値

 
奥入瀬渓流の魅力と価値を整理すると、次の3点に集約されます。

 

Quality
【上質な自然】

 

 

火山起源の谷に発達した、上質な渓畔林&ブナ林
ほとんど改修工事を受けていない、貴重な自然河川
空中湿度の豊かなU字型の谷に育まれた天然の苔庭
 

Trail
【優れた自然遊歩道】

 

 
14キロ全体が森の中
水面とほぼ同じ高さ・緩やかな勾配
過剰な舗装や草刈などが控えられた適度な整備
 

Access
【比類なきアクセスのよさ】

 

 
特別保護区内を国道が貫通
現地まで峠越えなし、未舗装道路なし
人の生活圏に近い